GemForexでのハイレバトレード

GemForexのボーナスは業界で今現在最強と言える。
しかし、ボーナスを利用することを意識するとハイレバになってしまう。

多くの人がこのボーナスでハイレバ中毒になっていることだろう。

ハイレバは麻薬のようなもので、あのドキドキする感覚が投資をギャンブルに変えてしまう。それは大金を失う恐怖だったり、逆に大金をあっという間に得る興奮だったりする。

個人的に一番ハマるのは口座資金を飛ばす維持率ギリギリからの生還。これを何度か繰り返していると、完全にその感覚が得たくて何度も危険なトレードをする。

本人はもちろん危険なトレードをするつもりなどない。しかしハイレバそれ自体がすでに危険なのだ。勝とうが負けようが最終的に壊滅的な打撃を受けて敗走することになる。

ギャンブル中毒者の頭の中

私は若い頃ギャンブル依存症だった。パチンコで何度も脳汁を出して喜んでいたのだ。ハイレバトレードはこれと全く同じだった。パチンコからFXに変わっただけで求めているものは、脳が放出するドーパミンによる快楽だった。

何度もハイレバを体験し、ハイレバ中毒になってしまうといつでも頭の中に、自分に都合の良いチャートが浮かぶ。そしてちょうどチャートが反転する底でMaxロットを張って、得られたであろう利益を空想するのだ。

その間、おそらく自分の頭の中にはドーパミンが少なからず出ているに違いない。そしてその空想に浸ることでさらにトレードがしたくなるのだ。ポルノを思い浮かべて自慰行為をする猿のように。恐ろしいのは想像するだけでその状態になるというところだ。

5年前の私は、若い頃パチンコに依存してたのと同じように、ハイレバトレードによるギャンブル依存症となっていた。

過去の自分が取った対策

その頃、ハイレバでトレードしては出金して自分でコントロールしているつもりだった。ギャンブル依存症だった過去もあり、それなりに知識を得ていたので勝てばすぐに出金し、しばらく相場から離れることで、それなりにうまく相場と付き合っているように見えた。

しかし、前述したような空想が頭に浮かぶようになった。いつでもトレードの事を考え、突然の急騰、急落にハイレバでエントリーする空想、そしてチャートの動きに連動して跳ね上がる含み益。

空想を繰り返すたびに、トレードしたくなる。トレードすればハイレバ、いつも口座資金を飛ばす、でもたまに大きく勝つ。そんなことを繰り返していた。もはや日常生活でもトレードの事ばかり考えていた。

これに対して私がしたことは、アルコール依存症の治療と全く同じで今後一切ハイレバトレードはしないことだった。たとえ少額でもやってしまうとあのときの感覚が蘇ってくるのだ。頭の中がムズムズして興奮してくる。

ロットは一切考えないトレード

環境を変える

ではハイレバを使用しないためにどうすればよいのか?答えは簡単。国内口座を利用すればいい。私はどうしてもMT4に慣れていたのでメイン口座ではOandaを利用している。

ツールを利用する

リスク管理に応じたロット自動計算ツール、その名もTrade Assistant MT4。これを使うことによって、1%損切などのリスクのみを設定することで自動でロットを計算してくれる。(これは正直、紹介したくなかったツールなのだが、長くなるので別の記事にて紹介したいと思う。)

これらのツールや環境を手に入れたことで、ハイレバからしばらく距離をおいた。そのおかげでトレード本来の面白さ、コツコツ少額で増えていく資金を記帳する楽しさ、など相場の今まで見えていなかった面白さに気づいたのだった。

そうしてハイレバを止めてからもう5年近くになる。その間、何度も入ればトレードしたいと思ったこともあった。しかし低レバで着実に増やしていく手法が結局の所、自分には合っていたのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました