FXアキラさんとは何者なのか?

業界の怪しい噂

Twitterでよく見かけるFXトレーダーのアキラさん。
Yahooニュースに掲載されたことでも有名ですよね。新聞にまで載ったようです(笑)

こういった人をFXの業界で見かけた時いつも驚くのは、本物だと信じている人が一定数いるということです。

作られた億トレーダー

彼は3年で14億を稼いだ億トレーダーとしてTwitterに突如現れました。使っている業者はFXSUITとかいう海外業者でした。

仮に、あなたが14億を持っていたとします。
その14億をFXsuitという聞いたこともない海外業者に預けますか?

業者が会社畳んで逃げたら?ウェブサイトが消えたら終わりですよ?誰が保証してくれますか?この時点であり得ないことがわかりますよね。

信託保全のある国内業者に預けようと考えるのが一般的です。(国内では信託保全は義務化されています

FXSUITは違法FX業者リストにも掲載されています。
https://sites.google.com/site/abunaitoushi/home/fx-index

ちょっと調べたらわかる問題です。投資の業界は本当に詐欺師が多いので騙されないためには、自分で調べて、本当かどうか考えて見る必要があります。

では彼は何者なのか?

ほぼ間違いなく海外FX業者です。以上(笑)

業者だから自社のMT4リアル口座でいくらでも負けることが出来ます。MT4での金額は銀行口座と直結してるわけではなく、あくまでMT4上の数字に過ぎません。

リアル口座だろうが何だろうが業者であれば自由自在

1千万程度の札束を見せる動画を見て本物だと言ってる人もいました。でもそのお金はカモである顧客が入金したお金です。あるいは単に自社のお金を見せているだけではないのでしょうか?

とにかく、その程度で信用を得られるのであれば何でもするでしょう。業者としては信用して貰う必要があるのですから。

ちなみに、波乗りジョニーさんも同じくよくわからない業者(RiverFX)というのを使ってリアル口座公開していましたね。これもわかりやすい例だと思います。

こういった手合いはいくらでもいます。SNSで会社の人間が個人を装い、会社の評判を上げるようなツイートを行うことはよくあることなのです。

この人怪しいかも?と感じたら、この業界ではまずクロであると判断して近づかないようにしましょう。このような常軌を逸したトレードに未来はありません。

彼のような業者をエンターテイメントとして楽しむのが好きな人はどうぞ。私は時間の無駄だと思いますが。

詐欺師を断定することは難しい

アキラさんのことをほぼ間違いなく海外FX業者と書いたのは、確証が得られないからです。

アキラさんに限らず、この業界の怪しい人たちはいくらでもいます。例えば有名なFxismの及川さん。彼が本物の億トレーダーと思っていいる人は多いですが、私はそうは思っていません。これは彼が偽物だと言っているわけではありません。あくまでわからないのです。

本当に勝っているかどうか、確定させる方法は裁判する以外にありません。例えば勝ちトレーダーを講師としているスクールの生徒であれば、訴えを起こせるでしょう。裁判で年単位での勝ちを証明する証拠を提出してもらって初めて、彼が本物かどうか分かるのです。

しかし実際に行動に移すにはお金が必要です。FXで負けた上に訴えを起こそうとする人が少ないのは当然のこと、だから詐欺が暴かれることは難しいのです。

リアルな億トレーダー

私が知る範囲では、FX界隈の自称億トレーダーの中で、信憑性のあるリアル口座を証明した人はAkiさん以外にいません。Akiさんの場合、実際にGMOのトレードアイランドに名前や収支が掲載されていました。(現在はヒロセ通商のリアル口座でライブトレードしています。)

リアルで朝から夜中まで取引をツイートしています。

そういった意味でAkiさんは非常に稀有な存在であると言えるでしょう。

ただし、自らの口座を証明するというのはそれなりにリスクもあることを考えると、証明してないけどリアルな億トレーダーというのも当然存在するわけです。というか殆どがそうだと思います。

まとめ

怪しい人には近づかない。夢のような話は無い。当たり前のことですが現実を見ましょう。低レバ+労働でコツコツお金は増やしていけばいいのです。数年で100万円から1億などというストーリーはすべてウソであると考えましょう。

リアル口座でトレード実況しながら10万→1000万などという企画も、すべて作りあげることは可能なのです。そしてそれらが嘘であることは証明することが難しいのです。だから自分の頭で冷静に判断するようにしましょう。

自分の資産が月5%増えたら十分ありがたいではありませんか。投資で一番難しいのは初期投資資金の構築です。地道に働いて大きな資金を貯めてから少しずつ利を得ていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました